学習塾の集客力が倍増!ホームページ・ブログのSEO対策を徹底解説!

学習塾の開業・集客・経営ノウハウとアイデア

インターネットが普及した昨今、SEO対策はとても重要ですよ!

検索結果でホームページやブログを上位に表示させないと、お客さんに知ってもらうことすらできないからもったいないですよ!

弊社では、こんなキーワードで上位表示に成功していて…

なんて営業電話を最近はたくさん受けるので、今回は学習塾集客におけるホームページ・ブログのSEO対策について徹底解説したいと思います。

僕が教室事業でそれなりの実績を出せたのは、間違いなくウェブサイトのSEO対策について知識と経験を持っていたからです。(「横浜 テニススクール」で1位の実績もあります。今は訳あって他のキーワードの上位表示を進めています。)

だから、上記のような電話がくると「誰に営業しとんねん!」と思いつつも、教室事業者は「インターネットに弱い(情弱)」というイメージがあり、SEO代行業者のカモにされてしまうのは確かな事実です。

この記事を読めば、「SEOとは?」という基本から「SEOの仕組み」、「どうやってSEO対策すれば良いのか?」という実践まで学べます。

まずは記事をひと通り読んでから、SEOを理解し、実践してみてください。

学習塾のホームページ・ブログのSEO(検索エンジン最適化)とは?

まず、SEOとはなんなのかを理解しておきましょう。

なんとなくホームページやブログのSEO対策が大切であることはわかっていても、「SEOとはなんなのか?」と聞かれて答えられる方は少ないでしょう。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、日本語では検索エンジン最適化と訳されます。

検索エンジン最適化とは、検索エンジン(主にGoogle)の検索結果表示アルゴリズムに評価されやすいようにウェブサイトを制作・運営することを言います。

つまり、SEO対策をすることで、ユーザーの検索に対してホームページやブログを上位表示=見られやすい位置に表示できるようになるということです。

では、検索エンジンはどのようなウェブサイトを検索結果の上位に表示するのでしょうか?

検索エンジン(Google)の評価の仕組みとは?

検索エンジンにとって、ユーザーに対して質の高い検索エクスペリエンスを提供することが最も大切なミッションです。

そのために検索結果の表示アルゴリズムを定期的に変更し、その精度を高めています。

「ユーザーにとって有益なウェブサイト」を検索上位に表示するようになっています。

では、「ユーザーにとって有益なウェブサイト」ってどのようなものなのでしょうか?

この問いを読み解くことが、SEO対策には必須なのです。

僕の経験上、「ユーザーにとって有益なウェブサイト」の条件としては、1)アクセス数が多い、2)内外部の被リンクが多い、3)訪問者の滞在時間が長い、4)ドメインエイジ(サイト運営期間)が長いことが挙げられます。

では、1〜3についてそれぞれ詳しく解説していきましょう。

検索エンジンのアルゴリズム アクセス数

検索エンジンは、アクセス数の多いサイト=人気サイトと評価され、検索上位に表示される可能性が高まります。

アクセス数を伸ばすためには以下のような対策が考えられます。

・検索に強い設定をする(SEO)

検索エンジン最適化で最も効果があるといわれているのがサイト・記事のキーワード設定です。

タイトル、説明文、キーワード、h1タグ、カテゴリー等がそれに含まれます。

それぞれについて、きちんと検索キーワードを意識して設定することで、検索エンジンは「このサイトはユーザーの検索意図に合ったサイトである」と判断してくれるようになるのです。

※細かい設定に関しては後ほど解説します!

・関連するスモールキーワードで検索順位1位を独占する

ビッグキーワードのみで検索順位1位を独占することは至難の業です。

ビッグキーワードとは、検索ボリュームの大きなキーワード(例えば、「テニススクール」、「学習塾」など)で、大手学習塾が上位を取っているケースがほとんどです。

そのようなビッグキーワードで1位のウェブサイトに対しては、関連するスモールキーワードを多数独占することで応戦するのが最も効果的です。

スモールキーワードとは、検索ボリュームが小さなキーワード(例えば、「横浜市 瀬谷区 学習塾」など)を意味します。

スモールキーワードは、大手学習塾が手を出さないので、検索上位をとることが可能なのです。

ひとつひとつの検索数が少なくても、それをすべて取りこぼさなければアクセス数を増やすことができるのです。

・SNSやYouTubeと連携させる

検索エンジンでの集客では既に上位表示しているウェブサイトに太刀打ちできない場合は、検索エンジン以外からサイトへのアクセスを増やす必要があります。

Twitter、Facebook、Instagram、TikTokなどのSNSと連携させたり、YouTubeに動画を上げたりすることでサイトへの流入が見込めるのです。

・有料広告やツールを使う
GoogleやYahoo!の有料広告を運用したり、有料の自動集客ツールを使用したりすることで無理やりサイトにアクセスを集めることも出来ます。

ただし、この方法はコストがかかるためあまりおすすめはしません。

検索エンジンのアルゴリズム 被リンク数

検索エンジンのプログラムでは、被リンク(リンク先に指定されているコンテンツ)の多いサイト=信頼度の高いサイトとして検索上位に表示される可能性が高まります。

例えば、他人が書いた記事の中で引用や参考として自分の記事にリンクされることがあります。これを「被リンク」と呼びます。

内部・外部被リンクを増やすためには様々な対策が考えられます。

・記事数を増やす

記事数の多いサイトは内部被リンクが多くなります。

コンテンツの充実は訪問者にとって有益であると判断されます。

検索上位のサイトよりも記事数を増やすことが重要です。

・関連性のあるサイトを複数つくる

運営しているホームページやブログからリンクを送り合うことで外部被リンクを増やすことが出来ます。

しかし、自作自演が過ぎると、Googleからペナルティを受ける可能性もあるので注意が必要です。

・まとめサイトやブログランキング等に登録する

NAVERまとめで新たに自分のサイトに関するページを作成したり、ブログランキングに登録したりすることで外部被リンクを増やすことが出来ます。

時間があるときに色々なまとめサイトやランキングサイトに登録しておくと良いでしょう。

検索エンジンのアルゴリズム 訪問者の滞在時間

検索エンジンのプログラムでは、訪問者の滞在時間が長いサイト=コンテンツが充実しているサイトとして検索上位に表示される可能性が高まります。

訪問者の滞在時間を伸ばすためには様々な対策が考えられます。

・記事のボリュームを増やす

1記事あたりの文字数を増やすことで、訪問者に長い時間ページを読ませることが出来ます。

しかし、文字ばかりでだらだらと長文を書かれても全文読む気にはなりませんよね。

適度な改行や図や画像による解説を入れる等の読みやすい工夫して記事のボリュームを出しましょう。

・関連記事を見つけやすいレイアウトにする

記事下やサイドバーに関連記事や人気記事を入れておくと1人あたりのページビュー(PV)を伸ばすことが出来るようになります。

1回のアクセスで複数のページを読んで貰えれば、訪問者のサイト滞在時間を長くすることが出来ます。

・動画、画像、図などを埋め込む
動画や図を記事内に埋め込むことでそれらを視聴する分だけ滞在時間を伸ばすことが出来ます。

YouTube等から記事に関連する動画の「共有」から「埋め込みコード」をコピペすればOKです。もちろん著作権等には気を付けて下さい。

【保存版】集客におけるホームページ・ブログのSEO対策のやり方

では、検索エンジンがどのようなサイトを「ユーザーにとって有益なサイト」と評価するのか基準がわかったところで、具体的なSEO対策のやり方について解説したいと思います。

学習塾によってブログ(アメブロ・はてなブログ・ライブドアブログなど)やホームページ(Jindo、Wix、WordPressなど)を運営するサービスが違うので、ここではSEOの根幹となる「キーワードによるSEO対策」について解説をします。

キーワードによるSEO対策は以下の手順で行います。

  1. 検索キーワードを選定する。
  2. 検索キーワードを入れてタイトル、説明文、キーワード、見出しタグ、カテゴリー等を設定する。
  3. 検索キーワードを意識して記事を書く。

SEO対策のやり方 検索キーワードの選定

まず、ターゲットがどのようなキーワードで検索をかけるのかを知る必要があります。

そのためには、サジェストワード関連キーワード共起語を調べる必要があります。

例えば、学習塾であれば「地名+学習塾+〇〇」もしくは「学習塾+〇〇」の〇〇の部分にあたるのがそれです。

それぞれの調べ方については他サイトがまとめてくれているので、上記リンクを参考にしてください。

出てきたキーワードはメモや表にまとめておきましょう。

SEO対策のやり方 タイトル等の設定

次に、調査したキーワードをタイトルなどに網羅的に含め、キーワードによるSEO対策を行います。

ブログやホームページのトップページの設定・各記事やページの設定に、以下の容量でキーワードを網羅的に含めるように心がけましょう。

タイトル:軸キーワード「地域名+塾」と選定したキーワードをできる限り含め、1〜2文節で25〜32文字で自然な文章をつくる。(例:横浜市にある中学受験専門塾なら〇〇)
説明文(メタディスクリプション):軸キーワード「地域名+塾」と選定したキーワードをできる限り含め、120文字前後で自然な文章をつくる。
見出しタグ:
H1タグ 軸キーワード「地域名+塾」と選定したキーワードをできる限り含め、1〜2文節で25〜32文字で自然な文章をつくる。
文章内見出しタグ その記事の軸キーワードと選定したキーワードをできる限り含め、1〜2文節で20文字程度の自然な文章をつくる。
カテゴリー:軸キーワード「地域名+塾」と選定したキーワードをできる限り含め、自然な文章をつくる。
キーワード:軸キーワード「地域名+塾」と選定したキーワードの中で重要なキーワードを3〜5語登録する。

※各設定の方法は、それぞれのブログサービス・ホームページビルダーのヘルプを読んだり、検索をかけてみたりしてください。(例:「WordPress タイトル 設定」など)

SEO対策のやり方 記事の執筆

最後に、記事やページにも、軸キーワードと選定したキーワードを含めましょう。

タイトルや説明文(メタディスクリプション)は、上記の通り設定をし、記事本文内や見出しタグにもキーワードを散りばめ、全体で2500〜5000字程度のボリュームで執筆をしましょう。

記事やページを作成する際は、先に結論と構成を考えて、見出しを2〜3個設け、導入からまとめまでのラインを明確にすると、スムーズに執筆することができます。

このように、軸キーワードとそれに付随するキーワードを多く含みつつも読みやすいサイト運営をすることが、「キーワードによるSEO対策」につながるのです。

まとめ

かなりのボリュームになりましたが、ウェブサイトのSEO対策について理解できたでしょうか?

あなたの学習塾のホームページやブログはきちんと検索エンジンに評価されているか今一度確認してみてください。

「うちは業者に頼んだから大丈夫!」と安心してはいけません。

なぜなら、業者といってもホームページの見た目を作ることのプロで、SEOについてはど素人という可能性も大いにあるからです。

1度、キーワードによるSEO対策ができているかチェックしてみてください。

SEOチェキにホームページのURLを入れて調べると、タイトルやメタディスクリプション、H1、キーワードがどのように設定されているかがわかるはずです。

あなたの塾のある地域名とジャンルで検索されたときに上位表示されるようなウェブサイトを運営しましょう。

それがあなたの教室へお問い合わせを倍増させる最も効果的な方法なのです。

お知らせ 無料で教室の開業・集客・経営のお悩み相談ができます!

絶対に読んでほしい記事

教室開業を思いついたら「教室の教室」

教室開業・集客・経営のお悩みに無料でLINEでお答えします。

教室集客・生徒募集に役立つサービスとそれを使いこなす方法

教室の集客・生徒募集の方程式とそれに役立つサービスをいくつか紹介しています。

これ以外ありえない!教室ビジネスにおすすめの会計ソフト

確定申告を自分でできる!僕も使っているおすすめの会計ソフトを紹介しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

【無料】塾経営をはじめるならフランチャイズがアツい!

【無料】LINEで教室のお悩み相談を受けます!

友だち追加

塾経営者は必見!

  1. 教室経営者(これからの方もOK)のためのコミュニティーをつくりました!

TOP